宇宙の始まり  No.035

 

何も無いところから、ビッグバンによって宇宙が誕生したらしい。

 

にわかには信じ難いが、天才学者達がそう言っているのだから、そうなのかもしれない。

 

よく分からないのが、「何も無い」と言っておきながら、ビッグバンの起きるきっかけがある点だ。

 

まるで、一緒に食事へ行った連れが、「財布が無い」と言っておきながら、実際には財布を持っているのと同じに聞こえる。

 

矛盾してないか?

 

一緒に食事へ行った連れは、幼稚園卒程度の知識しか持ち合わせていない奴なので、おそらく前者と後者の「無い」には何か違いがあるのだろう。(こんなことを保育園卒程度の知識しか持ってない私が考えても分かりそうにないが…………)

 

さらにビックバンが起きる前は、なんと時間すら存在しなかったらしい。 

時間が無いのにどうやってビッグバンは起きたのか?

 

まるで時間が無いと言って私からのデートの誘いを断ったにもかかわらず、「今日暇だから飲みに行かない?」と友達を飲みに誘う女性みたいだ。

 

矛盾してないか?

 

私の誘いを断った女性は、私の魅力すら理解できない程度の人間なので、おそらく前者と後者の「無い」には何か違いがあるのだろう。

 

科学者の言うことが正しいなら、色々と夢が広がる。

なぜなら「無」から「有」が生じるからだ。

まるで魔法の世界の話のようだが、科学者達はそれが現実に起こると言っている。

 

 

つまり私の空の財布も、何かのきっかけで次の日の朝に大金で満たされている可能性も、0ではないわけだ。

 

 

 

 

 


にほんブログ村