娘の心配   No.020

子供がいる方は毎日心配なことが多いでしょう。

私も一児の父なので日々心配が絶えないです。

 

例えば、学校の勉強についていけるのか?

友達との関係は上手くいくのか?

悪い遊びに嵌らないか?

隠れてタバコを吸わないか?

隠れて酒を飲まないか?

無免許で車やバイクを運転しないか?

無免許で戦闘機やヘリを運転しないか?

危険ドラッグに手を出さないか?

危険ドラッグを密売し、大金を手に入れ、その後なんやかんやで裏社会を牛耳る存在にならないか?

などと心配は多い。

 

また我が家の場合は女の子なので、他の心配が付け加えられる。

例えば、悪い男に騙されないか?

変な男に付きまとわれないか?

女癖が悪い男にナンパされないか?

これらは娘を持つ父親にとって共通の心配事であろう。

 

またこれとは別に、私が父親であるが故に生じる心配もある。

娘にとって一番近くにいる男性は私である。

自分の近くに私のような素晴らしい男性がいると当然「パパのような素敵な男性と結婚する」と思うことでしょう。

しかし娘がそう思って、いざ私のように素敵な男性を探しても中々見つからないだろう。(現に私は自分以上に素敵な男性を見たことがない)

存在しないものを探すことに時間を使い、娘の婚期が遅れることを心配している。

このような多くの心配を抱えながら、娘を想い私は生きている。

 

これからも心配は増すばかりだろう。

しかし私はそれに負けずに父親としての重責を果たしていきたい。

多少大げさに心配し過ぎのような気もするが、それは娘を思うが故。

多少心配するには早すぎる気もするが、それは娘を思うが故なのだ。

 

 

ちなみに娘は現在三ヶ月です。