読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

48時間禁煙法   No.41

 

今日は私がタバコをやめた方法、48時間禁煙法をご紹介します。

※これはあくまで私が自分の経験をもとに編み出した禁煙方法です。全ての方に有効だとは限りません。ただ自他共に認める意志の弱い私ですが、その私ですらこの方法でタバコをやめることが出来ました。

 

 

 

失敗の日々

私は禁煙を成功させて、現在3年目である。

それまでは、私は10年以上毎日最低一箱は吸っていました。

そして10年以上の間、禁煙に失敗し続けていました。

周り禁煙を宣言しても失敗、タバコや灰皿を捨てても失敗、ニコチンパッチやニコチンガムを使っても失敗、電子タバコも失敗しました。

数か月間毎晩禁煙を試み、毎晩タバコを捨て、毎朝コンビニにタバコを買いに行ったこともあります。

10年間そんな失敗の連続でした。

 

ここで少し、私が実際に試して失敗した禁煙方法と、その失敗した理由を書きたいと思います。

(これはあくまで私が失敗をした理由であり、意志の強い方はこの私が失敗した方法でも禁煙できるでしょう)

 

A)

周りに禁煙を宣言する…周りに禁煙を宣言することで、自分へプレッシャーを与え、また周りの方にタバコを吸わないように監視してもらう方法。

 

失敗理由…初めは良いのだが、しだいにプレッシャーがストレスになり、タバコを吸いたいという欲求が強くなる。

そして、その欲求に耐えられず、最終的には後ろめたさを感じながら、隠れてタバコを吸うようになる。

B)

飴やガムまたは電子タバコ(ニコチンなし)を使う…タバコの無い口寂しさを誤魔化す方法。

 

失敗理由…誤魔化している間は常にタバコが吸いたいという欲求に襲われる。

しかもいくらそれらを摂取しても、ニコチンが身体に入らないので同時にストレスとも戦わないならない。

結局、強い欲求とストレスに負け、喫煙してしまった。

C)

ニコチン置換法…ニコチンパッチやニコチンガムで身体にニコチンを入れ、禁煙中の離脱症状やストレスを軽減させる方法。

 

失敗理由…多くの人が成功すると聞くこの方法だが、私はダメだった。この方法は少しずつ身体に入れるニコチンの量を減らしていくのだが、私はある時期を境にニコチン量が減らせなくなり、結局は断念した。

D)

根性でやめる…精神力でタバコの欲求に立ち向かう方法

皆さんが一番初めに実践する方法だろう。

私はこの方法を幾度となく試し、幾度となく失敗した。

 特に多かったのは、禁煙二日目での失敗である。

私の場合は禁煙開始約48時間でタバコへの欲求がピークになった。

そして、そこに耐えられずに吸ってしまうことが多かった。

また48時間が過ぎて欲求が減少し始めたころに、気が緩みタバコに手を出すことも多かった。

 

私はこれでタバコをやめた(48時間禁煙法)

10年以上の間、上で書いたような失敗を繰り返してきた。

それではどうやってやめたのか。

それにはまず上のD)を見て欲しい。

D)で書いたように、私の場合はタバコへの欲求48時間でピークを向かえる。

 言い換えれば48時間を過ぎればタバコを吸いたいという欲求は、減少の一途をたどるのである。

そこで私はこう考えた。

 

「48時間を耐えれば、それ以上の苦しみはもうやって来ない。48時間を過ぎればどんどん楽になる」

 

こう考える事で、私は気分が楽になったし、実際48時間を過ぎれば、時間と共に吸いたいという欲求は消えていった。(ちなみに私の場合72時間(まる三日)が経つ頃にはタバコへの欲求はほぼ消えた)

そして私はたったこれだけの事で、永久に続くようにも感じたタバコの欲求から解放され、禁煙に成功したのだ。

 

終わりの見えない戦いに、48時間というゴールが生まれることで、人は耐えることができる。

そしてこれが48時間禁煙法である。

 

 

最後に一番大切な事

それは禁煙に失敗しても落ち込まないことです。

  • 10時間で失敗した
  • 一周間やめてまた吸い始めてしまった
  • せっかく一か月やめていたのに吸い始めた

このような色々な失敗は禁煙には付き物です。

失敗した自分を責めてはいけない。(責める必要もない)

 

むしろ褒めるべきです。

 

あなたは禁煙に挑戦したから失敗したのです。

挑戦した自分を褒めてあげてください。

 

そしてたとえ一時間でも、禁煙した時間は無駄ではありません。

それはあなたが頑張った時間なのだから。(禁煙に失敗する度に、あなたは確実に成功に近づいています)

 

何度でも挑戦し、禁煙を成功へ導いてください。

 

耐える時間はたった48時間だけ、あとはどんどん楽になる。

 

 

 

 


にほんブログ村

祝40回  No.40

 

昨日崩していた体調の方は、何とか2%ほど回復しました。(死にかけから、少し死にかけにパワーアップ)

 

おかげで、今日も何とかブログを書くことができます。(先程出血しました。恐らく痔です)

 

今日がこのクロネコノート落書き編が始まって、記念すべき40回目になります。

 

何故中途半端な40回目を祝うのかというと。

 

そう皆様ご察しの通り、ブログのネタが浮かばなかったからです。(今日も1日中寝ていただけなので)

 

まあ無理してブログを書く必要は無いのですが、No.39の終わりにあのような書き方をしたので、一応私の生存確認の意味も込めて更新させて頂きました。

 

今日病床に横たわりながら、改めて自分のブログを読み返してみると、我ながら内容の無さに驚愕しました。(余りの内容の無さにNo.6で読み返すのを止めたくらいです)

 

その為、私は今日のこの40回目から、このブログを内容のあるブログにしていこうと心に強く思いました。

 

そして、先程その強い思いを断念し今ブログを書いています。(内容の無い人間に内容のある話は書けないからね。無理は体に悪いし)

 

という訳でしばらく(いつまでも?)内容の無いブログが続きます。

 

読んでいてつまらないと思う事もあるでしょう。

 

そんな時、女性の方は、このブログを書いている人間が、凄いイケメンだと想像すれば面白く読めると思います。(十数年前、親戚のおばちゃんにハンサムと言われたことがあります)

 

また男性の方は、このブログを書いている人間が、凄い美女だと想像すれば面白く読めると思もいます。(私もこのブログの読者が凄い美女だと思って書いているので、お互い様です)

 

これからも読んでいる皆様に楽しんで頂けるように、頑張って書きますので末永く宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

病気は是非とも休日以外で  No.39

 

昨日の晩から体調を崩し、今日は一日中布団の中。

 

食欲も無く、今日の昼までは水分のみの補給でした。

 

今は少し回復しましたが、まだ普通の食事は喉を通りません。

f:id:soranoie-1:20170408202728j:plain

何とかヨーグルトやスープなら食べれそうです。

 

せっかくの休みなのに病気で台無しです。

 

どうせ体調を崩すなら仕事の日が良かった、休めるのに。

 

今日はゆっくり寝て(すでに今日十数時間寝ているが)、早く治したいと思います。

 

明日更新が無かったら、治っていません。

 

 

 

 


にほんブログ村

ヒーローは分かりやすさを求められる。   No.38

 

善悪の境界線で物事の良し悪しを考えてこそ、より高い精度で善と悪が分けられると私は思う。

 

そして考える事で、社会は成熟するだろう。

 

しかし、残念ことに世の中は、分かり易い正義と悪を求めている。

 

娯楽であるドラマやアニメなどを例にとると分かり易い。

 

1.まず見た目で分かり易い。

 

特撮ヒーローなどは初見でどちらが正義の味方で、どちらが悪の組織かすぐにわかる。(私服で現地集合し、変身するのが正義の味方。顔がタコだったり、手がカニだったりすれば悪の組織である。レオタードの厚化粧のエロい女性も悪の組織

 

 

2.行動も分かり易い。

 

悪い奴は基本的に初期段階で弱い市民を狙う。

そしてその弱い市民を、自ら盾となり守るのが正義の味方である。

これは世界の支配をたくらむ悪の組織であっても例外ではない。(本来、世界の支配を狙うのであれば、市民を攻撃する行為はいただけない。なぜなら市民からの協力なくして支配は不可能だからだ。もし本気で悪の組織が世界の支配を考えるなら、攻撃するより金をばらまく方が効果的である。少なくとも私にはそうだ

 

また正義の味方が不倫をしたり、悪の組織がボランティア活動をしたりする場面がドラマやアニメではカットされている。理由は、見ている人間に正義の味方と悪の組織との違いを、分かり易く見せる為であると推察される。

 

 

3.結論が分かり易い。

 

内容をほとんど見なくても最後の結果だけ見れば、どちらが正義の味方で、どちらが悪の組織かはすぐに分かる。

最後にニコニコしている、もしくは若い女性に抱きつかれている方は正義。

死んだ方、もしくはロープか何かで拘束されている方が悪の組織だ。

 

稀に最終回などで正義の味方が死ぬ時もある。

しかし案ずる必要は無い。

その場合は悪の組織は先に全員死んでいるので、最後に生きている方が正義の味方と覚えれば良いだけだ。

 

このようにフィクションの世界では、善悪が分かり易く描かれることがほとんどである。

しかし現実の世の中では、正義と悪はドラマやアニメのようには分かり易くはない。

 

だからこそ、架空の世界では分かり易さを求めるのかもしれない。

 

しかし、私には世の中が考えることから逃げているように感じる。

結果、わかり辛い身近なヒーローに子供達が気づかなくなるのではないかと、今から危惧している。

 

少なくとも娘には、一番近くにいるヒーローの私に気づくように育って欲しい。

最近、私と妻が近づくと妻の方にしか目をやらない。

 

私が正義の味方だ。

 

悪の組織の方を見るんじゃない!

 

 

 

 


にほんブログ村

宝くじ購入  No.37

 

以前私は宝くじを買う人間を冷ややかな目で見ていた。

 

当たるはずもない物を、買う人間の気持ちが理解できなかったのだ。(私にとって1等当選の確率は、絶世の美女がスカートをはき忘れたまま電車に乗り、しかも私の隣の座席に座るのと同じくらいの確率に思えた)

 

また宝くじの還元率の悪さもまた、私を宝くじから遠ざけた。

パチンコ、スロットは80%以上、競馬競輪は70%以上の還元率なのに対して、宝くじの還元率は50パーセント以下である。

つまり1000円投資すれば平均で500円以下しか戻ってこないのだ。

 

余りにも分の悪い勝負に思える。(パチンコ、スロットですら勝てないのに)

 

こうした理由もあって、私は今まで宝くじを買ってこなかった。

しかし、ついこの間、そんな宝くじ嫌いの私に転機が訪れた。

それはとある宝くじ販売店の前を歩いていた時のこと。

その時色々な事があってストレスが溜まっていた私は、思わずその販売店に立ち寄り、三千円分(1枚三百円で計10枚)のくじを買ってしまったのだ。

 

買った直後は少し後悔した。

無駄な金を使った気分で少し落ち込んだくらいだ。

「むしゃくしゃして買った、今は後悔している」みたいな心境だ。

しかし、家に着くころには、後悔は期待に変わっていた。

 

それからというもの、退屈な毎日が劇的に変わる。

宝くじを買ってからというもの、一等に当選した時の事を考えてニヤついたり、使い道を真剣に考えたりと毎日が楽しくなった。(宝くじ購入後3日が経つ頃には、老後のプランまで完成していた)

宝くじを買って初めて、宝くじを買う人間の気持ちを理解できるようになった。

一等に当選すれば一生金には困らない額である。

「夢を買う」とは良く言ったものだ。

まさしくその通りである。

 

私は億万長者になる日を夢見て、抽選日を待った。

そして抽選日の日、私はネットで番号を調べて買ったくじの番号と照らし合わせる。(本当のことを言えば、抽選日の事をすっかり忘れており、実際に調べたのは4日後である)

 

胸の鼓動の高鳴りを感じながら、一つ一つ丁寧に確認していく。

 

結果は、4等の千円が一つ、5等の3百円が一つの計三千三百円の成果だった。

 

三千円使い、三千三百円戻ったので、三百円儲けたことになる。

 

プラス三百円、大勝利と言っていいだろう。

 

そして期待に満ちた時間を過ごせたことは、お金には代えられない成果だと言える。

今度は儲けた三百円と合わせて、11枚買うことに決めた。

またあのドキドキワクワクの日々が過ごせると思うと今から楽しみである。

 

追記)書いている途中で思い出したが、実際には上で書いている宝くじとは別に、ちび〇る子ちゃんスクラッチを買っていた。それを含めるとだいぶマイナスである。

 

f:id:soranoie-1:20170406205822j:plain

 

 

 

 


にほんブログ村

国の借金   No.36

 

我が国には約1000兆円の借金があるらしい。

1000兆円とは無茶苦茶な数字である。

 

これが本当なら、もっと問題にすべきではないのか?(我が家なら、確実に妻に叱られる借金の額だ)

 

これだけの額なら、連日連夜ニュースで取扱ってもよいと思うのだが、時々報道で我々市民に借金の額を知らせる程度だ。

 

政治家、専門家の中には、この借金は国が国民にしているものだから心配ないと言う方もいるが、本当に心配ないのなら報道しないで欲しい。(私が心配になるではないか!)

 

私は1000兆円の借金が心配ないなどという都合の良い話があるとはとても思えない。

 

必ず後で何かしらの問題が生じるはずだ。

 

私はこのままだと国が破綻し、円の信頼が失墜して円安になり、その結果ハイパーインフレになりそうで怖い。(単純にハイパーインフレになり、円の価値が1000分の1にまで急落すれば、借金も1000分の1の価値になるだろう。そうなると借金を返すことが出来るのかもしれない。しかし代わりに物価は1000倍になり、30円のモヤシが3万円になる。これでは国民はもたない)

※筆者は経済の専門家ではありません、説明間違っていたらごめん。

 

一体この国はどうなっていくのだろう?

 

日本が1000兆円の借金を返せる程これから景気が良くなるとは考え辛い。

 

そして国の借金は年々膨らむ一方である。

 

借金を国内で賄うことが出来なくなったらどうするのだろう?

 

新規国債の全てと、国債残高の一部を日銀が毎年買い取るようになるのだろうか?

 

しかしそうなれば、流通する円の量が増え、円安になりインフレになるだろう。

 

またそれだけではなく、毎年大量に円を刷れば円の国際的な信用がなくなり、国が破綻した時ほどではないにしろ、これもまた急激なインフレになりそうである。

 

緩やかなインフレで少しずつ円安に導き、長い時間をかけて借金を目減りさせるような方法は果たしてあるのだろうか?

 

それとも、私が思いもつかない凄い借金返済方法があるのだろうか?

 

私が心配無く眠れるように、政府には答えを教えて欲しい。

 

あと1000兆円も借金があるのなら、こっそり1億円借りて私にくれても大丈夫そうだ。

 

私が心配無く暮らせるように、政府には私の為にお金を借りて欲しい。

 

 

 


にほんブログ村

宇宙の始まり  No.35

 

何も無いところから、ビッグバンによって宇宙が誕生したらしい。

 

にわかには信じ難いが、天才学者達がそう言っているのだから、そうなのかもしれない。

 

よく分からないのが、「何も無い」と言っておきながら、ビッグバンの起きるきっかけがある点だ。

 

まるで、一緒に食事へ行った連れが、「財布が無い」と言っておきながら、実際には財布を持っているのと同じに聞こえる。

 

矛盾してないか?

 

一緒に食事へ行った連れは、幼稚園卒程度の知識しか持ち合わせていない奴なので、おそらく前者と後者の「無い」には何か違いがあるのだろう。(こんなことを保育園卒程度の知識しか持ってない私が考えても分かりそうにないが…………)

 

さらにビックバンが起きる前は、なんと時間すら存在しなかったらしい。 

時間が無いのにどうやってビッグバンは起きたのか?

 

まるで時間が無いと言って私からのデートの誘いを断ったにもかかわらず、「今日暇だから飲みに行かない?」と友達を飲みに誘う女性みたいだ。

 

矛盾してないか?

 

私の誘いを断った女性は、私の魅力すら理解できない程度の人間なので、おそらく前者と後者の「無い」には何か違いがあるのだろう。

 

科学者の言うことが正しいなら、色々と夢が広がる。

なぜなら「無」から「有」が生じるからだ。

まるで魔法の世界の話のようだが、科学者達はそれが現実に起こると言っている。

 

 

つまり私の空の財布も、何かのきっかけで次の日の朝に大金で満たされている可能性も、0ではないわけだ。

 

 

 

 

 


にほんブログ村